HOME  > ブログ

培養屋のつぶやき

植物の組織培養一筋20年、培養屋コピー屋として洋蘭科植物を中心に植物のクローン苗を作り続け

て今に至るが、数年前から徐々に蘭苗の出荷数が減少している。このままではヤバイ!!と、蘭に

替わる物として色々な植物を受託培養し始めているのだが、主力のラン苗を埋めるほどには到底至

っていない。売上、資金繰りが頭の中に悩みとなって膨れ上がり、"廃業""転職"の文字が脳内で

点滅する。攻めとばかりに、受託培養に頼らずオリジナル商品を販売するという名目で培養容器を

含めた無菌観葉植物、つまり"インビトロインテリア"の商品開発を手がけるも、所詮培養屋のするこ

と無菌培養は出来るのだが、インテリア商品となると勝手が違う。見栄えのする苗の選択、容器のデ

ザイン、総合的商品価値の判断、販売流通の方法などなど・・・・頼まれもしない商品を自分で作って

自分の責任で販売するとは・・受託培養に依存していたために商品開発や、出来たものを売る方法

が分からない。考えて悩んでモヤモヤして焦れば焦る程また脳内に例の文字が点滅する。

そして・・・・・・・・・・・・出した答えが・・・・・・・

 

しばらく遠ざかっていたブログを更新する!  

そして俺は培養屋だ!!!

培養屋として発信する   誰が見るのか、何人がこのブログを見てくれるか知らないが、

今手がけているバナナ、パイナップル、自然薯、ハオルチア、生姜、アンスリューム、洋蘭

他にも色々な植物組織培養に関する話題を発信していこうと思う!毎日・・いやいや・・

週に2,3・・いやいや・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・極力

誰か必ず興味を持ってくれる奇特?な方たちがいるはずだ!そう思いたい。

それが営業に結びつくのかもしれないと淡い期待を抱いている今日。

培養屋はコツコツコツコツ毎日の積みかせねなのだから。だから俺の頭の中は培地の組成

ホルモンバランス、温度、日射、脱分化、カルスのことで膨れ上がり再分化の文字が脳内に点滅し

大量増殖という光がスパークしてそしてそして小さく小さくガッツポーズをする・・

それが日々の糧につながる培養屋がいいな。

 

うちの勘定奉行にこのブログを万が一見られたら、・・おそらく俺は切腹だな・・・・・・・